目的に合わせたレッスンが可能

業種を問わず求められる英語スキル

昨今ではさまざまな職種において英語力が問われるようになりました。
英語を使うのは、なにも商社の営業マンや外資系企業だけではありません。
サービス業においても、最近では英語でのコミュニケーションが必須となっているような会社もでてきています。
例えば、タクシーのドライバーなどもそうですよね。
2020年のオリンピックまでは、外国人の観光客は増加すると予想されており、各企業も社員やスタッフの英語スキルを高めるために教育に力を入れていると聞きました。
サービス業においては、平日が休みという会社やお店も多いはずです。
また、シフトなど日中に時間が空くという業種もありますが、平日の日中のレッスンを集中して受講できるプランなどもあります。

より専門的に

ビジネスにおける英語スキルは、日常会話とはまた違ったスキルが必要になるのではないでしょうか。
さまざまな業務の場面で、どのような英語を使うのか、またメールですとライティングの能力も必要になります。
ある英会話教室においては、こうしたビジネスのさまざまなシーンを想定してレッスンが行われているのです。

電話での応対、Eメール、ミーティング時の英語スキルなど基本的なものから、プレゼンテーションや営業と商談、交渉と契約まで、英語を使ったさまざまなシチュエーションを学ぶことができるのです。
それらは決まったカリキュラムではなく、受講者と面談し今、そしてこれからなにが必要かをヒアリングした上でプランを作成する場合もあるのです。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る